「鬼滅の刃」心に残る言葉 21巻(吾峠呼世晴)Memorable words in Kimetsu vol.21


「鬼滅の刃」の21巻も、ハラハラドキドキと心に残る言葉あり。

7月3日、お待ちかねの「鬼滅の刃」(Wiki)の21巻の発売日。

鬼滅の刃 21巻 古の記憶
鬼滅の刃 21巻 古の記憶

すでに、週刊少年ジャンプの24号で「鬼滅の刃」は完結を迎えている。

よって、単行本も「鬼滅の刃」の10月2日の22巻、12月の23巻で完結することが公表されている。

この「鬼滅の刃」、初めは、次男が面白がっているので、100円/冊で借りて読み始めた。が、巻を追うごとに引き込まれていった。

非常に人生を生きる意味について奥深い言葉が散見される作品で、完結するのが惜しい感じもするが、ここで気持ちよく完結し、全く違った世界の作品を吾峠呼世晴氏には創り上げて欲しいと思う。

21巻自体は、「心に残る言葉」自体は少なかったが、クライマックスに向けて、今までの登場人物である竈門炭治郎や生き残っている柱、鬼殺隊の柱になっていない子供たちが鬼舞辻無惨へ立ち向かう。

主人公の竈門炭治郎も巻の最後には、瀕死の状態になる中で「古の記憶」へ導かれていく。次の22巻楽しみです。

21巻の「心に残る言葉」は以下の通り。

  • この世はありとあらゆるものが美しい この世界に生れ落ちたことができただけで幸福だと思う
  • 私の夢は家族と静かに暮らすことだった 小さな家がいい 布団を並べて眠りたい 愛する人の顔が見える距離 手を伸ばせばすぐに繋げる 届く距離 それだけで良かったのに

なお、1巻~21巻までの「心に残る言葉」は、以下ご参照。

今までの21巻までの心に残るジーンとするセリフはこちらです。

「鬼滅の刃」心に残る言葉 1~19巻(吾峠呼世晴)

「鬼滅の刃」心に残る言葉 20巻(吾峠呼世晴)

「鬼滅の刃」心に残る言葉 22巻(吾峠呼世晴)

■「鬼滅の刃」 心に残る言葉 23巻(吾峠呼世晴)

そして、この「鬼滅の刃」21巻は、今までの初版記録を塗り替えて、300万部となったらしい。ONE PIECEが57巻で達成した初版数。その300万部を足してシリーズ合計8000万部突破。21巻ですごい記録ですよね。

また、10月16日、映画「鬼滅の刃 無限列車」の公開が決まっている。これも気になるところです。

この「鬼滅の刃 無限列車」の準主人公となる、柱で、一番最初に命を落としたにも関わらず好印象で人気が高い煉獄杏寿郎のスピンアウトマンガも決定されているので、こちらも合わせて気になるところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です