完熟レモン


自家製完熟レモンでレモンティーを楽しむ

会社の友人I氏から、10数年弱前にライムを頂いたことがある。柑橘系の樹があると、収穫の楽しみがあっていいなと思い、その後、レモン(リスボン)を鉢植えで育てることにした。本当は、直植えすると大きく育つのですが、自分の背丈以上に育つと手入れが大変になることと、小さな庭が更に狭くなるのが嫌で鉢植えにしています。鉢の大きさは、直径50㎝くらいなのでかなり大きめです。現在は、2本。

レモンを育て始めて5,6年は経っていると思いますが、なかなか多くの果実を収穫することは難しいです。せいぜい4~5個/年。途中で、実が落ちてしまうのです。きっと、樹の大きさに見合った数なのだと思います。

2018年は、片側で7個なり、もう一本は、ゼロ個でした。収穫は、秋から若いライム色したときに数個とりだし、本日(5/5)最後の2個を完熟で採りました。樹は、すでに初夏の花を咲かせ始め、柑橘の花の香りが周囲に漂っています。アゲハ蝶もその香りに誘われて舞ってきます。

レモンの蕾と花
レモンの蕾と花

これから蝶の季節は、レモンの葉を食べる、幼虫との戦いです。週1回、パトロールして、退治していかなくてはなりません。殺虫剤だと簡単ですが、やはりレモンの皮まで安心して食べたいので無農薬にこだわっています。

レモンティー with NY Perfect Cheese
レモンティー with NY Perfect Cheese

鉢植えだと場所も取らなく手入れも簡単なので、マンションやアパートのベランダでも日が当たれば実をつけることができると思います。高い階だと、蝶は来ないのでいいのですが、受粉してくれる蜂などの虫も来れなくなるので、人工授粉が必要かもしれません。

今年は、花の数が多いので何個実るのか楽しみです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です