SUP(72回目)/ Standup Paddle Surfing


期待薄で行ったSUPスクール。胸サイズで超ロングライド!The Best of my bestの一本を楽しむことが出来ました。この感覚やめられない。。。

今回のSUPスクールも平日、いつもの半日休暇ではなく、久しぶりにしっかり終日休暇(4月から設定)を取って臨みました。

関東地方も今週から梅雨入りし、時々夏の太陽が照りつける日もありましたが、不安定な天候で、集中的に土砂降りの日もありました。この日は、梅雨入り後、明日明後日の週末含め唯一安定して晴れる日というので、ラッキーでした。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enohima from Zushi Beach  (2021 June 18th)
、逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enohima from Zushi Beach (2021 June 18th)

スクール前に、海岸に出ると満潮です。先回みたいにウニを気にすることは無いのは幸いですが、問題は波があるかないか、Windy Appによると、10時時点気温23度、南風4m/s、うねり0.5m。うねり値には期待ですが、満潮では。。。。富士山は、薄曇りのため拝めませんでした。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む (拡大)/ Enohima from Zushi Beach  (2021 June 18th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む (拡大)/ Enohima from Zushi Beach (2021 June 18th)

スクールに着くと、FJさんと挨拶し「今日波無さそうですね」と問うと「さっき釣りしていた時に〇〇には白波が立っていたのであるかも」という話をもらい、もしかしたらという期待。受付では、インストラクターKBさんから、「テレワークって、週1回か2回いっているの」と聞かれ「ここ1年で、7,8日会社行ったくらいです。」と応えると「それで仕事が出来ちゃうんだ、ボーナスももらえて、良い会社だね」と明るくコメントされていました。確かにたったそれだけの出社でしっかり給料頂けるのはありがたいことです。でも、夜や休日は勤務時間と関係なしに、自分の意思で気になることがあれば仕事やっているんですけどね。仕事時間は結果的に長くなっているかも。。。

この日は、体験者はいなく、良くお見かけする方ばかり、生徒7名とインストラクター2名と非常にパフォーマンスの良かったです。FJさん、NMさん、TKさん、STさんと2名の方と、少しずつお話しして楽しかったです。

さて海上は、我々9名以外に、SUP5艇、ヨット2艇、ウィンドサーフィン5艇、遠泳1名で比較的人も少なく、ポイントでも、自分たち以外は誰も居なく非常に気兼ねなくできる環境で、非常に良かったです。肝心の波は、ありました!!セットでは、胸サイズが3本くらい入ってくる感じで、ただし頻度はそれほど高くない状況。

いつもは、インサイドで膝、腰サイズなのですが、アウトサイドでの胸サイズ、最近の3か月中で、一番パワーと迫力があるものでした。

スクールメンバーは、2手に別れ、私は気分的に、この大き目の波に挑戦したく、インストラクターKBさん、FJさん、TKさん、NMさんの5名と一緒に挑戦です。他の方たちは、私より上手なので、邪魔しないようにと思いましたが、ワイプアウトを数回したので、迷惑かけたかもしれません。

やはり、胸サイズとなると、ちょっと勇気が要ります。ワイプアウトした際には、ボードは勢いよく吹っ飛んでいくし、自分に突っ込んでくるし、次の波で揉みクチャにされるしで、覚悟を決めないといけないです。

初めの1本は、ワイプアウト。その後もうまく波に乗り切れない。。。3,4本目に、ちょっとピークからずれたところから乗り超ロングライド。やはり、ロングライド以上になると楽しいです。もっとアウトサイドから乗った方が良いとの指摘を受け、それからもワイプアウト(日焼け止め用のサングラスも外れるほど強烈)したり乗り切れないことが数本あり、ついに、The Best of my bestの1本の体験ができました波に乗る直前に、「もっと足開いて!」という魔法の言葉がインストラクターから発っせられ、更に、30㎝くらい後ろ足をずらして姿勢を低くしたら見事に胸サイズのピークから乗ることができました。以前1,2度体験した2階から見下ろしている感覚です。ボードの半分から先は、宙に浮いていて、ボードが上下左右に微妙に振動するのを、バランスを取りながら踏ん張って、持ちこたえます。その後、私はグーフィーなので左後ろ足をエッジに移動させ、パドルを左側の海面に触れさせ、波から受ける反力で体を支えながら、左に舵を切っていくことが出来ました。最後は、スープ(白波のしぶき)がボードの上に被ってきたいので、耐えてみたのですが、限界があり最後はワイプアウト。体感的には、30秒以上乗っていた気がします。実際には、20秒にも満たないのかもしてませんが、胸サイズの波乗りの非常に良い感覚を得ることが出来ました

その後は、良い波もめぐって来なくなったというのもあり、派手なワイプアウトもなく、波に乗ることが出来ないことが10数分あり、最後の最後、皆さんが引き揚げ始めたときに、中ぐらいの波でロングライドが出来ましたが、迫力は、かなり劣ります。結局、1時間強の時間で、超ロングライド2本、ロングライド2本、乗ったようでするプルアウトしてしまったショートが5、6本。アプローチして乗れないこと多数。派手に吹っ飛んだワイプアウトが5~6本。一回嵌まると、揉まれから抜けだせないので恐怖感が起きます。とにかく、怪我もなく無事生還!

逗子海岸 / Zushi Beach (2021 June 198h)
逗子海岸 / Zushi Beach (2021 June 198h)

体力的には未だ余裕があったので、帰りは、途中からサーフスタンスでのパドリング広くスタンスをとって、前に重心を掛けながら漕ぐのですが、バランス取るのが難しいですが、大切なトレーニングです。

ビーチからスクールの建屋に戻る際に、NMさんから、「大谷さん、長いの乗っていたよね、皆で、どこまで行っちゃうんだろう、って話してたんだよ」、更衣室では、TKさんから「良いの乗れていましたね」と。FJさんからは、海上でThe best of my bestの2本後に「2本前、良い感じで乗れていましたね、ずっと見ていました」と。皆さんから言葉を掛けられ、うれしく思った回でした。

いやー、この胸サイズの波乗りの超ロングライド感覚、やめられないなー。

波乗りの際に、ワイプアウトするのは、姿勢が高いことと、スタンスが広く取れていないこと。いつも気にしているのに、いつも忘れてしまう。無意識に出来るまで、まだまだ掛かりそうです(汗)。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

この日から、私も、古い日焼け止めクリームが無くなったので、ちょっと高価なノンケミカル日焼け止めクリーム「Suffer’s」を使い始めました。少しでも自然(海)と自分に優しいもので。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です