SUP(103回目)/ Standup Paddle Surfing


新年初SUP。富士山クリア。しかしまた試練に近い回。3本は納得のライディングでしたが、後は、乗ってもすぐ終わったり、落水したりで疲れました。帰宅時に冬用のブーツ購入。

新年明けての初SUPです。やっとです。

3日前に、関東平野にも積雪あり、それからは晴天が続いている。この日も、昼間は12度くらいまで気温が上がるということで、午後からのスクールです。干潮が15時頃というのも午後にした理由。風はAppだと北風2m/s(最大風速6m/s)、うねり0.5mでなかなかよいコンディションです。富士山は、なかなかクリアでした。

逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Jan 9th)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Jan 9th)

本当はこの日までに、冬用のサーフブーツを購入しておきたかったのですが、きっかけがなく、いつもの夏物のシューズしかないので、インストラクターのKBさんに冬用ではないが、私のよりちょっと高さがあるシューズをかしてもらうことにしました。

スクールは15名くらいで、3名がクルージング組で、残りはサーフ組。

ボードは10ft白で以前使っていたものです。

海上に出ると、意外に風があります。うねりもビーチブレイクには程遠いですが、大きなうねりがフワフワ入ってくる感じ。目的の場所に着き水分補給。陽が射していて結構ポカポカです。

目的の場所では、元から8名の方がいらっしゃり、こちらは10名くらいで、ちょっと多め。ここではセットで胸サイズ波が入ってきますので2,3本かトライしましたが、全く運んでくれません。その内何回か大きめの波に襲われて海の中へ。

逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Jan 9th)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Jan 9th)

周囲を見ると、スクールのメンバーは、更に沖に移動してしまったようで、KazumaのYMさんの姿は見える。一瞬自分も沖に出ようかと思ったのですが、あまり条件は変わらないかもと思い、ちょうどこちらは良い混みぐあいなので、もうちょっとここでやってみようと決断。

その後も、本当にこの日は乗れそうな波が来ているようで、乗れないそして海に落ちる。ちょっと前回のやばい(凍える)状況がフラッシュバックしてきました。ブーツも借りたとはいえ冬用ではないので落ちるたびに足先まで水がじゃぼじゃぼ入ってくる。やばいな。落ちないようにしなければ、と思いはするが、色々な方面から大小さまざまな波が来るので、思わぬところでボードをすくわれて落ちることも多い。

逗子海岸 /  Zushi Beach (2022 Jan 9th)
逗子海岸 / Zushi Beach (2022 Jan 9th)

沖に行ったみんなが戻ってこないということは、そこそこいい感じなのかもしれない、と思い始めたが、今更行くのも寒くて疲れたのでここで練習することに。YMさんとの位置が近くなった時、話しかけようと思ったところに、でかい波がやって来て、二人とも海の中へ。私のパドルが手から離れ流されたのですが、YMさんがうまく拾ってくれて助かりました。(その場と着替え後にお礼をしました)

ショートというか乗ってすぐ終わるものは、7,8本はあった気がしますが、ロング以上の納得いくライドは、3本だけでした。ワイプアウトしそうなのを後方に体重を寄せて踏ん張り、ツーっと進んでいくのは、やっぱり気持ちがいい。この3本だけでも、来た甲斐があったというもの

横に流すには、波の幅がないのでできませんでしたが、先回よりはちょっと納得の回。

結局、足の感覚が無くなってきたいので、20分ほど早く引き上げ。ビーチ付近で、TRさんとお名前の存じ上げない良く挨拶する女性ともう一方私より年配の方3人と会って、そこで、雑談しながら漕ぎ漕ぎしていました。ピボットターンもKTさんのアドバイスにあった左右に広げるサーフスタンスで何回かやりましたが、特に落ちることもなく何回転も出来たので、どうもこちらの方が相性が良さそうです。多分、重心が高いので、左右の安定性を確保するために左右に開いた方が良いのかもしれないです。今後は、波乗り前でも、このサーフスタンスのピボットターンでやってみようと決意

3時半過ぎにビーチに上がり、スクールのショップまで戻り着替えたところで、皆さんが帰ってきました。沖まで行かれた女性に、「〇〇(沖のポイント)は、風が無くてちょっと漕いだら乗れる感じで良かったよ」と言われ、「やっぱりそっちだったか~」と。KBさんからは、「大谷さんは、うまく乗れていたから声かけなかったよ」と。「いえ、ほとんど乗れず結局2,3本しか納得できるライドできなかったんですよ」と。KBさん「今日ので、2,3本乗れればいいんじゃないの」と。

ONEILL (MUTANT)
O’NEILL (MUTANT)

その後、KBさんとちょっと話して、冬用のブーツについては「発熱起毛素材」があるものが良いとのことでした。以前相談したボード 「f-one」の話をして、CBで相談したら、ということになり、その足でCSショップに行きました。スタッフさん3人と新年のあいさつを経て、冬用のブーツを見立ててもらいました。『 O’NEILL (MUTANT) 』の昨年モデル30%引きで6700円也。新モデルは、起毛素材がちょっと変わったが、デザイン含めほとんど変わらないとのこと。「f-one」は、欧州の方ではそれなりに流行っていて、日本は輸入代理店が博多にあって、九州の方では比較的使われているようですが関東ではほとんど扱っていなく、良い悪いのアドバイスが今のところできないので、情報収集と、もし必要なら試乗したいよね?とのことでMTさんと話しました。10ftよりちょっと短くて取り回しが軽いものがいいと話しました。

家に帰ったら、お尻周りの筋肉が痛い痛い。そういえば、昨日は、山登りしたので、それもあるかな~。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(サップ)スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その3)

サーファーあこがれの地、逗子でのSUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

私が購入したのは、下のMUTANTの昨年モデル。





この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です