SUP(134回目)/ Standup Paddle Surfing


波無しのため珍しくスクールでレッスン受けた(笑)。ブレード裁き、シャフトの手首の使い方。後半、無い中で腰サイズ3本で何とかロングライド。

週末SUP。なかなかしんどい1週間だったので、波は無いと分かっていても自然の中で無邪気に遊べる時間は気持ちをリセットしてくれる。

逗子海岸 東浜から富士山と江ノ島望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Aug 6)
逗子海岸 東浜から富士山と江ノ島望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Aug 6)

木曜は豪雨、昨日は曇りから晴れ、少し気温が落ち着いてきた。この日は、陽がほぼ出なかったので、そこそこ暑いものの汗が噴き出すほどではなかった。10時時点での気温は、26度、南風2m/s~4m/sと静かめ。うねりも南0.2mとかなり小さめ

スクールは、夏の盛況中。10時点で、ボード50艇以上並んでいた。隣のスクールも20くらい、無料体験もありで、皆さんの夏の思い出作り。

スクール前のビーチでMYさんに合い、ちょっと会話。途中OKさんと会い、10時まで待たずに出艇とのこと。

逗子海岸 東浜から富士山と江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Aug 6)
逗子海岸 東浜から富士山と江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 Aug 6)

ボード並べをサポートし、人の多さに準備体操もままならず、一人で遅れて体操し、海上へ。どのくらいの人が波乗りに行くのか分からない状況で、とにかく混んでいるエリアを抜けてゆっくり漕いでゆらゆらしている。今日は、KBさん御自ら付き添いをして頂けるようで、「行かないで~」的な声が後方から。しばらく待つことに。

この日は、波も無いということで、珍しくKBさんの熱のこもったレッスンがありました。そう、最近レッスンを受けていなかったなぁと改めて思いつつ、指導を受けました。時々、私に絡むのはどういうこと??年近だから??まあ悪い気はしないけどね。

  • 加速時とスピードが付いたその後のパドルワークの違い
  • パドルのブレードの使い方
  • シャフトを持つ下側の手首の使い方

ブレードの面で水をキャッチし、ボールをドリブルする感じで、体重を乗せ、足でボードを押し出す話。この体重を乗せることで、ボードから落ちそうなとき体を支えたり、向きを変える際に、ボードの負荷を軽減させ、バランスを崩すことを防止する。この後半部分は、ボードが小さくなった後の私の課題でもあるので、改めて認識しました。ブレードの面の使い方1つで、さまざまな場面に有効です。向きを変えたり、制御したりという基本的なことから、アクション時のバランス取りまで。

逗子海岸 /  Zushi Beach (2022 Aug 6)
逗子海岸 / Zushi Beach (2022 Aug 6)

ボードは、止まっている時が一番不安定なので、早くスピードに乗せることが重要。初速時は、シャフトを持つ手の手首をうまく使って、ぐっと引く感じ、これを早く回す。スピードに乗ったら、前方に差し出したパドルのブレードに体重を乗せて、足でボードを押し出し、腹を前に寄せる感じで、少しリラックスして漕ぐ。

などと指導を受けているうちに、波乗りのポイントに辿り着く。KBさんから、「波少ないけど時々割れているみたいだから大谷さん行っても良いよ」ということで、7,8名の群から一人抜け出して、7,8名の波乗り群に場を移しました。

逗子海岸 2 /  Zushi Beach (2022 Aug 6)
逗子海岸 2 / Zushi Beach (2022 Aug 6)

が、うねりは来ても、めったに割れないので、なかなか乗れません。このポイントは、波が来る方向がさまざまなので、沖を広く見ておかないと、どれに合わせるべきか、波を乗り越えるべきか注意が必要です。割れるかなーと思い、アプローチをしても置いて行かれること多数。割れる波が来ても、ポイントが限定されているので、運よく、自分に巡ってくればラッキーという感じでした。

割れる波は、腰サイズくらい、結局3本のロングライドが出来たくらいで、フロントサイドに流して、ピークを外してプルアウトしてまたアウトへ移動。波待ち久しい。油断すると、横から来たうねりで、沈することも多数で、この日は水深もありウニを気にすることも少なく気持ち良い水浴びも出来ました

12時ちょっと過ぎ、先にビーチに向かって漕ぎ漕ぎです。ビーチ前で、ピボットターンを数回転左右行って、水に落ちたりしてちょっと遊んで終了。ピボットターンも集中するとクルクル回せるようになったが、まだまだ安定していない。

さあ、来週は、次男がSUPフィッシング一緒に行きたいと言っていたな~。風が無ければ菜島にでも2人で行ってみるか。(次男は、SUPフィッシング用の大きめのSUP。父のSUPボード乗せてみよう、乗れるかな??)

職場の同僚も、小学校のお子さん連れてOCEANSに予約入れてくれるとのこと。日にちは聞かなかったが、同じ日になれば、数年ぶりにお子さんに会えるな。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(サップ)スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その3)

サーファーあこがれの地、逗子でのSUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

この透明な日本製の日焼け止めを購入してみました。プロサーファーも使っているようなので、品質が高いのかも。今の、日焼け止めクリーム、顔、手が真っ白になり、なかなか石鹸でも落ちないので、その辺は改善できると良いな。2日後着荷予定。







この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。