グローリー/明日への行進(2015年)


キング牧師は非暴力主義を貫き通し、行進をやり遂げ、そして黒人は選挙権を勝ち取った。

アメリカ合衆国における黒人の選挙権獲得に向けた、キング牧師のジョンソン大統領との駆け引きを描いた映画。非常にいい映画だと思います。

話は、1964年、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア(キング牧師)が、黒人2000万人を代表してノーベル平和賞取得。この映画は、その後、キング牧師と彼を信じた黒人たちの勇気ある行動が生み出した選挙権獲得の話。

1965年時点、一部の地域では、黒人の人権が認められつつあるが、ほとんどの州では、白人による黒人への暴行などが平然と行われ、犯人逮捕も行われない状況だった。彼が牧師として活躍していた南部アラバマ州も、警察の暴力が酷い州。キング牧師は、家族への脅迫にも屈することなく、非暴力の選挙権獲得の運動を貫き通す。

ジョンソン大統領は、ベトナム戦争への対応を優先、また黒人に対しては、貧困対策を優先としていた。しかし、キング牧師は、「選挙権」こそ、黒人が得るべきもので、そこから、世の中の不正を排除していくべきだとしていた。キング牧師は、大統領へその重要性を説くが、大統領は、出来ることならそういった大きな案件に触れないよう回避する行動をしていた。

そこで、キング牧師は、アラバマ州のセルマという街からエドモンド・ぺタス橋を通り州都のモンゴメリーへ向かおうと525人規模の行進を行うが、警察が総力で力でそれを阻止。黒人側も、マルコムXのように、暴力で戦うことを是とする団体もあったが、それでは、根本的に問題解決ができないと、非暴力を徹底した。

テレビを通じ、不平等な世の中を変えるための行動を働きかけたところ、白人も含めて全国から人々が集まる。白人約3割を含め、再び、橋に向けて行進を決意したところ、今度は、何らかの指示を受けた警察が、行く手を明け渡す行動をとった。キング牧師は、直観を信じ、敬意のみ示し行進を中止し引き返す。しかし、その後、街に訪れた白人に対して、地元警察などは暴行を加え殺害する。この事態を受け、全国に大きなムーブメントが起き、ジョンソン大統領は、黒人に対して選挙権を与える法案を議会に提出する。それから、命を狙われかねない状況の中、キング牧師たちは、モンゴメリーへの大規模の行進をやり遂げる。という話。

この後、キング牧師は、「絶対にたどり着けないと言われた、力ずくでも行かせないと言われた、州都に行くに値しないと言われた。だが、今日アメリカ人としてここにいる。ここに来た我々を追い返すものなどいない。この力強い行進は抗議と進歩の偉大なるデモとして後世に伝わるだろう。アラバマ州の州都に来たことが重要なのだ。座席を自由に選ぶ権利の闘いをした、学校を選ぶ権利の闘いも、今日は選挙権だけのための闘いではない。参加することが新たな行動を生み出す力となる。それは、敵対心より力強いものだ。その力をしっかりつかみ熱意を体で表し、それが光を放ち暗闇を照らすのだから。社会は、我々を捻じ曲げてきた。奴隷制から南部諸州の復帰、そして今の危機的状況まで白人の権力者たちが社会を支配し、貧しい白人には、黒人差別というウソを与えた。その白人たちは子供が腹を空かせて泣き出すと同じウソでなだめるのだ。悪意のあるウソだ。どんな境遇で生まれようと劣った黒人でなく白人であること、それだけでもマシなのだと。真実は違う、真実と自由へ前進しよう。止まることなく前進しよう。市民としての正当な扱いを要求しよう。悪意と闇を正義の光が照らすまで前進しよう。作り話や不満を言われようとこの運動を止めてはならない。この闇が我々の長所と可能性を摘み取るのだ。ジミー・リー・ジャクソン、ジェームス・リーブ、罪なき4人の少女 若くして殺された人たち、この闇からいつ解放されるのか今答えよう、兄弟姉妹よ。悲嘆の涙が流れても自由はすぐそこに。他に堕ちた心理がよみがえるのだ。いつ自由になるのか、もうすぐだ。蒔いた種は必ず刈り取られる。いつ自由に?もうすぐだ。ウソは必ず暴かれる。いつ自由に?もうすぐだ。この目に浮かぶは、降臨なさる主の栄光。蓄えられし怒りの葡萄、主は踏みつけん。迅速なる剣、宿命の稲妻を放つ 主の真理は進みゆく栄光にあれ、神に栄光あれ、神に栄光あれ、主の真理 進撃せよ!」

キング牧師が、リンカーン記念堂の前で行った有名な言葉「I have a dream.」は、この行進や、ノーベル平和賞受賞の前である。

この行進から3年後の1968年 39歳の若さで暗殺される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です