SUP初挑戦


誰でも気軽にマリンスポーツが楽しめるのが魅力

2019年GWに、以前から気になっていたSUP(Stand Up Paddle board/surfing)を体験してみた。お世話になったのは、逗子のOCEANS。

予約は、前日に行い、半日(2時間)で6100円だった。(午前午後計4時間体験だと10800円)ウェットスーツとマリンシューズ、ボード、オールは、料金に含まれます。あと、レッスン終了後、登録済のメールアドレスに、レッスン中の写真が3枚転送されてきました。

Club施設では、申し込み書類を記載し、着替えをし、いざ海岸へ。初心者(初めて体験)コースは、17,8人くらい。男女比、6:4というところか。年齢層は、トップは私で、一番若い方で、社会人なり立てくらいで3人くらいの仲間で参加していた。女性も、40歳くらいの仲間、カップルが数組参加されていた。小学生くらいのお子さんと参加という方もいらっしゃった。私たち以外には。2回目以上の方のグループも同じ人数いたように思う。

軽い準備運動のあと、簡単な、ボードとオールの説明があり、早速、海の中にはいっていく。まず、座って漕いで10数メートル沖に出る。そこで、実際の漕ぎ方と方向転換の実践をやったのち、沖に漕ぎ出す。途中から、立てる人は立ってもいいという案内があり、皆、恐る恐る立ち始める。「ドボン!」と落水する方もいたが、団体は、どんどん沖に向かう。結局、湾の入り口近くまで漕ぎ、江ノ島、富士山と逗子海岸を眺める感じで休憩。私も、ボードの立ち位置を指摘され、移動しているときにバランスを崩し、1回落水しました。ウェットスーツを着ているので、結構気持ちよかったです。

モーターボート、マリンバイクを楽しむ方もいたので、傍を通られると、波に揺られるのでバランスを取るのが結構難しかったです。あちこちで、落水の音が聞こえていました。落水しても、ボードにつかまって這い登れるので、恐れることはないです。むしろ、気持ちがいい感じ。

帰りは、男性は、立漕ぎがほとんどでしたが、女性は、座って漕いでいる方が多いように見受けられました。慣れないことだし体力的に疲れますからね。

陸につくと、脛と腿が早速疲労しているのが良く分かりました。普段使わないからね。近いうちに、また、楽しみたいと思いました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です