SUP(40回目)/ Standup Paddle Surfing


富士山の山の端を見ながら、向かい風に立ち向かった波乗り。無理だったので風が弱いところで確実に3本。

本当は、木曜か金曜に行こうと思っていたのですが、何かと会議ややらなければいけないこともあり、泣く泣く週末でのSUPです。約1週間ぶりです。ついに40回目。

=============

私がSUPスクールで実際に学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

=============

すっかり気温が冬並みになってきましたが、この日は、気温15度、北風8m/s、うねり0.5m。多少雲はあるものの晴天なので、日が出てくれたため、クルージングしている分には非常にポカポカした陽気でした。風は、8m/sなので結構強めですが、先回が10m/sだったのでそれから見るとまだ良いのかもしれませんが、波乗り時に、正面から強風なので場所を選ばないと厳しいものがありました。

いつものように、スクール前に、逗子海岸に寄って写真撮影。

結構空気が澄んでいるので、富士山見えればいいな、と思って海岸に着くと「おー、富士山!」でも頂上が雲に掛かって見えない。。。でも山の端がクリアです。江ノ島も綺麗に見えます。富士山の頂上以外は、青空で、マンガのような雲が浮いていました。

逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2020 Nov 28th)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2020 Nov 28th)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2020 Nov 28th)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2020 Nov 28th)

海岸は、風が強いためか、朝まだ早いのか、あまり人はいませんでした。浜の姿を見ると、結構波で砂がえぐられています。椅子代わりに腰かけられる高さです。2日前にランニングに来た時には、これほど気にならなかったので、昨日波が強かったのかもしれないです。

 / Zushi Beach (2020 Nov 28th)
/ Zushi Beach (2020 Nov 28th)

さて、スクールに到着。まだ、10月初めにオーダーしたウェットスーツは届かないので、この日もレンタルでの対応です。流石に、11月中旬から終わりには届くと言われていたので、次回のSUPの時には届いてほしいものです。

と思っていたら、注文したお店から「冬のウェットスーツを注文されたのでプレゼントがあるので、都合が良い時にお立ち寄りください」との連絡が入っていたので、SUPの後、お店に行くと、「W-AIR HOT CAPSULE」の半袖のインナーウェアを頂いた。その時に、ウェットスーツは、27日に工場出荷との連絡を受けたそうなので、29日には届くかもしれません。

さて、スクールは、体験コースの方2名は別行動で、波乗りチームは私含んで5~6名で沖に繰り出します。

北風が強いので、西に向かい山沿いで進みます。

しっかり冬の海になってきて、2,3mしたの海底も透けて見えます。ウニも良く見えます(笑)。

この日は、SUPの人も、サーファーも、風の影響を受けにくい場所に集結していました。20人以上はいそうな感じ。しかし、インストラクターの意向で、「風でダメなら戻ってきましょう」ということで、更に沖に繰り出します。

そこは、時々、腰くらいの波が入って、上手な人は、稀に入る胸位の波にのっていましたが、何しろ風が強い。先回同様、立っているだけで、向き変わり、位置が沖に流されていってしまう。「練習だね」と言われ、何回か波乗りトライしましたが、ちょっと乗ったかと思うと実は乗っていない。

結局、立ったり座ったりでまともに乗れなかった。

それを見てか、インストラクターが、「風のないところに戻りましょう」ということで、元の場所に戻ってみました。人の少ない場所、腿くらい、稀に腰くらいの波が入って来ていたので、合わせてみました。

ショートで2,3本乗ることができました。しかし、頻繁に波が入らないので、なかなかトライができない感じ。

そこから、人が集まっているところに移動しました。皆さん、結構乗るのかと思ってみていたのですが、そうでもないので、良い波の時にトライさせてもらいました。腿腰くらいの波ですが、3本納得のいく波乗りが出来ました。1回ノーズが沈みそうなので、後ろ足に体重を乗せたら、うまくノーズが上がって、波に乗りきれた時には、ちょっとうれしかったですね。(補正の進歩)

1回、曲がってみようと意識したのですが、うまく行かずそのままストレートで運ばれました。今度、曲がり方聞いてみようかな。

イメージとしては、姿勢を低くして、パドルを挿した方向に曲がるべく、レールを波に当てればいいのだと思うのですが、コツが分からない。まだ無理かなー。

波乗り後は、幸い波に巻かれることなく座って終了したので、落水は、5回くらいだったので、思ったほど凍えることはなかったです。

帰りも、横風と闘いながら戻りました。

帰りには、冒頭かいたように、ショップに寄って、プレゼントを受け取って、更に、散髪屋に通りすがり空いているのを見て、マスターにカットできます?とアポなしで対応してもらいました。これで、さっぱりです。

今後、更に寒くなります。オーダーしたウェットスーツ(ロングジョン+タッパー)に、プレゼントの「W-AIR HOT CAPSULE」を着て、防寒対策です。お店の方からは、「購入したウェットスーツとこの『W-AIR HOT CAPSULE』があれば冬場でも大丈夫ですよ」と言われたので、信じますよ!!

レッスン内容としては、特になかったかな。自由にさせてもらっていた気がします。

インストラクターには、次回、WBSの「トレンドたまご」での紹介されたソニー製の「NYSNO-100」(商品ページEngadget)2個を持っていくと約束をしました。手元に届いて4か月使っていないので、人も少なくなったし使ってみようかなと。SUPのツーリングやサーフィンも、利用シーンとして紹介されていますが、波乗りは実際のところどうなのか、試してみます。海の中に落としそう。。。。

SONY NYSNO-100
SONY NYSNO-100

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です