SUP(45回目)/ Standup Paddle Surfing


今年最後のSUP。ロングライド5本。何んとなく消化不良な感じでしたが、来年課題解消へ。

今年最後のSUPをしてきました。

この日の天候は、晴れ時々曇り、気温14度、南東2m/s、うねり0.2m。明日の天気予報では、気温低く、雨、強風、うねり1.5mとのことで、波がある以外は良いコンディションとは言えない状況です。また明日から年始にかけて寒波予報も出ているのでこの日SUP納めの人は多いと思われます。

実際、スクールでも、10数名の参加で比較的多めでした。後2日参加する方も若干名いらっしゃいました。私は、1か月5枚のカードを切ってしまったので無しです。

スクール前の恒例の写真は、以下の通りです。まあ自分にとって稀に見る静かな海です。富士山は、雲が掛かり拝めません。沖を見ると、人影が、大きく動いているので、波が無くはなさそうです。(写真では分かりません)

逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enoshima from Zushi Beach (2020 Dec 29th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enoshima from Zushi Beach (2020 Dec 29th)
逗子海岸 / Zushi Beach (2020 Dec 29th)
逗子海岸 / Zushi Beach (2020 Dec 29th)

前回が、「最高!」気分だったので、今回、それを越えられれば更に「最高!」ですが、どうなることやら。

この日は、先回に続いてTRさんに出会い、海に出る前に手ほどきをして頂きました。波乗り時のサーフスタンスの姿勢です。この姿勢を意識して臨んでみます。TRさんは、この日クルージングをされるとのことで、一緒には行動されないそうです。

海には、足幅拳1個分開く姿勢で繰り出しました。やはり、ちょっと不安定ですが、波も穏やかなので問題なく目的の場所に着きました。陽が射し気温も高いので、若干汗が額から流れてきました。飲料休憩をして、インストラクターの指示を待ちます。

それにしても、冬の穏やかな海は、透明度が高くて、海底が良く見えて綺麗ですね。それだけでも癒されます。

肝心の波は、平均的に腿くらい、時々腰サイズが入ってくる感じです。

先回より、多方面から波が入って来て、特定の場所に集まる波なので、波の取り合い譲り合いが必要です。時々、若干ワイドな波が来ると、数名が一斉に乗る感じです。しかも、波がある時間帯と無い時間帯があって、チャンスを逃すとしばらく待ちの状態が続くことになりました。

時間帯が干潮時だったので、海底には、黒いウニがぎっしりいるのが分かるし、下手に落ちたらウニに刺され年末年始辛い思いをすることになります。私にとっては非常に気になる事項です。(絶対に落水するから)

初め、どの場所で、どう合わせたらいいのかよく分からず様子を見ていました。何回かトライしたのですが、どうもピークに入れず、ちょっと乗ったか乗っていないかで終わってしまったり、全く乗れなかったりが続きました。

場所を移動して、1本合わせると、ロングライドが出来ました。

その後、戻る際に、大きめな波が来たので、合わせようかなとアプローチ仕掛けたのですが、先乗りしている方が居たので、急ブレーキ。インストラクターから指導を受けました(申し訳ない!)。そうドロップインをやりかけていたのです。人の動きよく見ないとね。

それから、何本か後に、腹サイズの良い波にばっちりあいそうなアプローチ。向きを合わせるために振り返ると、先ほどまで他の人と雑談していたインストラクターが、突然私よりわずかにアウトから波に入ってきたので、「やべ~」と思い、急ブレーキ。すると「波乗ってよー、写真撮ろうとしてたのに、私の場合は、分かってやっているから大丈夫」と言われ、絶好の写真撮影タイミングを逃してしまったことになりました。この日の写真は無しかな。

この日は、結局、ロングライドは先回と同じ5本。ショートライドは3,4本でした。

インストラクターからは、「大谷さん、大分波の乗れるようになってきたんじゃない?」と聞かれ、「少しずつですね」と応えたのですが、そういってもらえるのは、乗れている回数を見ていないようで見てくれているのだと思うと正直うれしいですね。

一度、ショートライドの時、正面に漂っている人が居て、ぶつかりそうになった際に、かろうじて傍を通れたので良かったのですが、もしもの時は、ウニの待つ海に飛び降りる必要もあります。その後、インストラクターに、曲がりたい時どうしたらいいか?を質問し、曲がりたい方にバドルを入れてブレーキを掛けると言われました。

その後のロングライドの際に、ちょっとやってみたのですが、曲がっているのかいないのかよく分からない感じでした。恐らく、もっと姿勢を低くして、後ろ足に重心を掛けレールを入れるようにしないと明らかに曲がった感じにはならないのだろうなとYoutubeの動画やこの日の雰囲気からイメージは出来ました。出来るかできないかは別ですが、ステップアップのポイントです。

でも、何か消化不良な感じです。何故だろう。

  • 先回より波にパワーが無く、ダイナミックで無かったためか
  • サーフスタンスをきれな姿勢でやろうとしたけど、明らかに出来ていいなかったからなのか
  • 合わせる波や順番待ちがあるもののもっと本数イケていたかもしれないからか
  • 想定より沈の回数が多かったからなのか
  • ターンを試みたけど、出来なく成長を感じなかったかのか

イマイチモヤモヤ感が残った回になりました。。。。

つまり、これらが、来年の課題ということになります。

この日のレッスン内容です。

  • 波のピークをきちんと把握する。迫ってくる波の様子から、どこに波が集まるのか予測し、その場所にめがけてアプローチをしていく。視野を広く取る。
  • 曲がる際には、曲がりたい方にバドルを軽く挿し入れブレーキを掛ける。
  • サーフスタンスの前後の足は、直線になるように配置する。足の向きは基本進行方向だが、若干少し斜めにし、お臍を前に向け、内股を意識する。視線は、落とさず、胸を起こす。(TRさんより)

さあ、次回は、年明け2~4日のいずれかに1回SUPに行こうかなと思います。

皆さんも、良いお年をお迎えください。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です