SUP(53回目)/ Standup Paddle Surfing


自分には、波のパワーがありすぎて、まともに波には乗れず。パドルは流され。。。

仕事がちょっと立て込んでいるため、平日にスクール行くことはちょっと難しそうでしたので、週末に行くことになった。

忙しいと言いつつも、月曜は、会社で関係している人がほとんど休みなので、有給消化をするので4連休にはなるのですが、実際には、先にブログで書いた新規ビジネスの次に向けての契約やそこで使う情報の整理を数時間掛けてこなさないと、その後が詰みそうなのでその処理をひたすらすることになるでしょう。自分の提案で好きでやっているので苦ではないのでよいのですが。。。。

逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む ウィンドサーフィン / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2021 Feb 21st)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む ウィンドサーフィン / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2021 Feb 21st)

ここ数日、昨日の土曜(20日)含め風の強い日が続いていました。が、Windyアプリ上、この日曜(21日)は、気温も高く、波もあり、風もひどくはない状況だったので午前中スクールに行き、ストレス発散をすることにしていました。

実際、この日は、快晴、初夏の陽気で、午前中で17度(午後から19度)、風は南西5m/s、うねり南1.0mでした。富士山は、微かに中腹から山頂が拝めるかんじでした。

逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2021 Feb 21st)
逗子海岸 東浜から江ノ島と富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2021 Feb 21st)

スクール前後では、少し前から面識が出来た男性のNMさんと少々仕事周りの会話をしたりしました。

また、先回、ウエットスーツが少し破れていることに気づき、インストラクターのKTさんが「応急処置しておきます」と言ってくれていたところが、きちんと直っていました。ありがとうございます。(本人にも言いました)

いつものように準備体操の後、海に。生憎、期待のビーチブレイクとはいかなく、いつものように沖に向かいます。うねり1mとあるだけに、結構うねりがひどく、面も荒れていてなかなか難しいクルージングでした。インストラクターKBさんからも、「今日のボードは短くて薄いからちょっと辛いかも」と言われていましたが、見事、途中2回落水しました。波が来ると、ボードの上に波が被る感じで、コントロールするのが結構難しかったです。以前、ボード購入想定の短くて薄い板のトライ程ではないですが、その時のことが頭に浮かびました。

沖の波も、期待よりも大きく、幾重にも来る感じで、昔、鼻を折った日のことが浮かびました。やばい、腰が引けてる。。。

サイズは、胸前後でしょうか。乗れると楽しいレベルですが、実際には、やはり力足らず。

うねりをやり過ごす時点で、落水するは、落水したあと、次から次に来る波に揉まれ、ボードがひっくり返ったり、体が(インパクトジャケット来ているにも関わらず)海中で一回転したりで、ボードで怪我しないように細心の注意を払いながらということに終始していた感じでした(汗)。

ボードで座っていて漕いでいても、体がぶっ飛ばされ、上記のようになるので、冷たい水と結構お友達になりすぎて、体力的にへとへとになりました。

練習時間の3/4の頃には、波で揉まれ、パドル完全に手元から離れ、流され、ボードの上に上ったのはいいのですが、ここからどうやって移動しようか流された方向を見て思案していると、幸い、インサイド20mくらい向こうにパドルらしきものが浮いているのが見えたので、次の波で、座って波に乗っていくと、見事、目の前にパドルが来て、何とか、パドルが手元に戻ってきた瞬間でした。これで、ビーチに帰れるとほっとした次第です。(インストラクターは、随分離れた所にいたので、お願いすることもできず、彼のところに行くこともできず。。。良かったよ)

結局、この日の波乗りは、ショート3本で、ロングは、まったくもって駄目でした。乗れたショート3本も、その内2本は、ボードを抑えきれず後方に飛ばされてしまいました。もっと、テールに重心を乗せないと駄目でした。1本は、高い位置で乗れて、いつもの2階席から海面を見下ろす感じを得ましたが、前方に、人が出てきたいので、パーリングしました。

この時は、インストラクターの方から、「大谷さん、ごめん!」と声が掛かりました。数個前の波で先に行った方への指示がうまく行かなかったことへの謝罪だと思いますが、私も、逆の立場になることがあるので、やむを得ません。

でも、まあ、気持ちいい感覚は体験出来たので、次回へチャレンジです。

帰りのクルージングも、結構、タフでした。初め座って漕いていたのですが、練習、運動と思って立って漕ぐと、海面がうねうね凄いこと。3回落ちました。冒頭のNMさんは、淡々と漕いでいらして、落ちた気配はないので、運動神経や体幹が凄いのだなと思いました。ビーチに着いた時にも、「波乗れましたか?」とお聞きした所、「何本かは、でも今日は面が荒れてて難しかったですね」とのことなので、やはりうまいな。

家に帰って、昼食を取ると、へろへろなので、珍しく昼寝をしました。。。

パドルが流されたままだったらと思うと、かなり恐ろしい。パドリングで、1.5kmは流石に死ぬよな、インストラクターの牽引なんだろうな。

そういえば、昨日の「読売新聞」に、SUPで、昨年湘南で20代の男性が遭難し死亡した話が出ていた。ネットで全ての道具が安く買い揃えられ、簡単に乗れることから、海の基礎知識なく海に出てしまうことが多く、海上保安への問い合わせが年々多くなっているとのこと。SUPは、確かに簡単に結構沖に出て楽しめますが、波や特に風で、元の場所に戻れないリスクがある。午前と午後で風向きが反対になることも当たり前。きちんと、スクールで基礎知識を学びましょう。インフレータブルボードは、沖で穴が開いたら沈没してしまうので、余程泳ぎ(遠泳)に覚えがないと溺れてしまいます。気を付けないといけません。気を付けて遊ぶのであれば、とても簡単に始められて、奥の深い楽しいスポーツです。

レッスン内容は、

  • 姿勢を低くでした。

帰宅時に、「今日は、結構きつかったね、波の選択と逃げ足も速くしないと」とのことでした(笑)。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

ウェットスーツ用ボンド購入します。

つい先日購入したビラボンのハット。

私が購入したオニールのインパクトジャケットはこのタイプの紺のLサイズ。

後は、オニールの他の製品。

日差しが初夏になってきた。日焼け対策は、やっておかないと

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です