SUP(54回目)/ Standup Paddle Surfing


先回のリベンジを果たしに来たものの、結局返り討ちにあって、ロングライドできず。難しい~な。

先回のロング全く乗れずのリベンジと、ワイプアウト後にやってくる波にもみくちゃにされないよう逃げ足を早くするという2つの目的を持って、中一日でスクールに行ってきました。

この日は、快晴、気温13度、北東5~6m/s、うねり南西0.7mで、先回日曜より若干風が強いが、リベンジにちょうど良いコンディションです。

逗子海岸 東浜から江ノ島、富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi beach (2021 Feb 23th)
逗子海岸 東浜から江ノ島、富士山望む / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi beach (2021 Feb 23th)

スクール前の逗子海岸からは、薄っすらと富士山も拝め、ビーチブレイクで遊べるとまでは行かないが、ちょっと波が海岸にも打ち寄せている感じでした。沖は、白波が連続してきているように見えました。

逗子海岸 東浜から江ノ島、富士山望む (拡大)/ Enoshima and Mt.Fuji from Zushi beach (2021 Feb 23th)
逗子海岸 東浜から江ノ島、富士山望む (拡大)/ Enoshima and Mt.Fuji from Zushi beach (2021 Feb 23th)

さて、いい天気というのもあって、20人くらいの規模でのスクールです。約半分は、波乗りではなく体験コースの様でした。残りの半分は、沖に出ていきます。

準備体操時、NMさん(奥さん)に、パラレルスタンスからサーフスタンスに切り替えるタイミングを質問しました。

というのも、2,3か月前まで、波に乗る気になったら、すぐサーフスタンスにして、方向転換で、加速することをやっていたのですが、最近、パラレルスタンスで、加速し、波に乗る瞬間にサーフスタンスにするようにしたのですが、サーフスタンスにするタイミングで、足元をすくわれ、後方に飛ばされることが多く、サーフスタンスに切り替えるタイミングに悩んでいたからです。

逗子海岸/  Zushi beach (2021 Feb 23th)
逗子海岸/ Zushi beach (2021 Feb 23th)

NMさんは、波の進行方向に向きを変えながらサーフスタンスに変えていくそうで、姿勢も、しっかり低く取るそうです。私も、この日は、以前のようにサーフスタンスを早めに取るようにしてリベンジを果たそうと決意。

海上に出る前のレッスンでも、インストラクターKBさんが、サーフスタンス前足に重心を乗せパドルの加速をする話、逆ハンドを使って苦手な方向からのアプローチし、波の進行方向に対して少しオーバー回転し、順方向のパドル持ち替えで、進行方向に向けて波に乗る話があった。(久しぶりのレクチャー)

一昨日と同じ9.6フォート、31インチのちょっと小さめのBilleボードを用意してくれ、リベンジの条件は揃った感じです。海面も同様に、荒れていて、バランス取るのが非常に難しい状況で、何名の方は、沈していたくらいです。私は、先回1回沈しましたが、今回は、クリアし、準備万端。波に乗るだけです。

ところが、波待ちになると、バランスが取れず、早速落水。さて、ボードに上がって立っていると、また落水。乗りたい波が来る前に、手前の波で落水。そして、波に揉まれて、ボードに上ると、また、波に揉まれて。それでも、「練習練習」と思い、ボードに立って、波を待つ。色々な方向から、色々なタイミングで腹~胸サイズの波が来るので、「どっちを狙おうか」という思いとは裏腹に、思いがけない方向の波で足をすくわれたりと、全くいいとこなし

そもそも、波待ちしている場所が、最初間違っている(波が割れない場所)というものあり、「大谷さん、そこ波来てものれないよ、もっと、アウトにでないと(波が)ボードを押してくれないよ」とインストラクターKBさんにアドバイスをもらったのは良いが、場所を変えても、やっぱり乗れない

ボードの上に上って座った姿勢の時、たまたまやってきた大波に、運ばれることは2回くらい。また、乗りたいところから遠ざかって、また、一生懸命にアウトに移動。

アプローチ時の頭が下がりすぎとの指摘もあり、ちょっとフォームの見直しを入れてもボード上で安定しない。

3本ショートで乗れたのが奇跡的で、ロングは全く乗れない

リベンジのはずが、見事返り討ちにあった感じで、途中、タイムアップ前に、自分にしては珍しく帰ろうかと思ったくらいで、一人で、何度も「くそ―!」ってつぶやいていました。。。。

帰りは、向かい風で、海面が荒れているコンディション。一昨日同様、かなり疲れました。が、沈なしなので、クルージングのみは、行きも帰りもリベンジ。クルージングは、目的外ですが。。。。

本当に、この日は、つまらなかった。情けなかった。陸上でのイメージと、海上での実際は、大きな乖離があるな~。

スクールに戻ると、皆さん、結構苦しんでいたようでした。

インストラクターKBさん、NMさん(旦那さん)は、ウニが足裏に刺さったとのことで、お大事にです。トゲが取れないと、かなり辛いので、うまく取れることを祈っています。

次回は、週末かな。でも、気温8度以下、風10m/s以上、波0.5m/sくらいで、天気も曇り雨で、あまりいいコンディションではないな。どうしよう。。。

本日のレクチャー内容は、

  • サーフスタンス前足に重心を乗せパドルの加速をする。前に重心を掛けることで、しっかりパドルを前方に挿し込め加速がしやすい。
  • 通常、逆ハンド(レギュラースタンスの人は、左側を漕ぐ)を使ってのアプローチが苦手な人が多い。練習として、苦手な方向からのアプローチし、の進行方向に対して少しオーバー回転し、順方向(右側を漕ぐ)のパドル持ち替えで、進行方向に向けて波に乗る話があった。
  • 波に乗ろうとする前に、進行方向を事前に見て、人が居ない方向に、アプローチをする。人が数人居れば、アプローチを止める。
  • 加速時に、頭を下げないこと。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。