SUP(70回目)/ Standup Paddle Surfing


うねりの大きなコンディション、バランスとる練習。また、レールを入れるコツを教えてもらいちょっと進歩したかな。

土曜のの午後SUP。午後のSUPは比較的少ない、通常午前中の方が潮のコンディションが良いからだ。この日は、諸般の事情があり午後から。

Windyアプリによると、14時の気温22度、南4m/s、うねり0.6mで悪くない条件。もちろん午前中の方が良いコンディション。富士山は拝めず、それどころか江ノ島も霞んでいる感じ(スクールの時は江の島は見えなかった)。浜では、夏の雰囲気でした。海水浴は開催されるようで、海の家着手されていました。

逗子海岸 /  Zushi Beach (2021 June 5th)
逗子海岸 / Zushi Beach (2021 June 5th)

この日は、色々な方とお会いしました。TRさん、家から40m以内のNKさん、NM旦那さん、いつもご夫婦で参加今回は旦那お一人のINさん。着替えて自主準備体操後、パドルのテープ張り替えをしました。

スクールの波乗り組は、インストラクターとしてUMさんとINさん3人。いつものインストラクターKBさんから「今日は、パワーのある波入っているよ、大変だと思うけど頑張って!」と笑いながらエールを頂きました。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enoshima from Zushi Beach (2021 June 5th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enoshima from Zushi Beach (2021 June 5th)

洋上は、まあまあわちゃわちゃしていて、大きなうねりがランダムに入ってくる状況で、冬の荒波を経験しているので問題は無いのですが、結構体幹が鍛えられます。目的地に着くと、そこも大小のうねりがあり、インサイドでは、どれもこれも割れる感じ、でも、この日は、私たち3人以外、1~2名が居る感じだったので、ミドルから良い波を狙ってみました。

良い波の中でも、時々、幅広く流れる波があったので、そういうものを特に狙ってみました。

これと決めて準備万端でアプローチするとかなりの確率7割くらいは乗れた気がします。準備もままならないタイミングでアプローチすると、3割成功で、後は、ワイプアウトというより、波に置いて行かれる感じでした。

大き目の波で、ボードのノーズが刺さってワイプアウトも無くはなかったのですが、大抵、折角幅が広い波の時に、レールを入れて斜めに滑らせる試しをしてバランスを崩す方が多かったです。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む (拡大)/ Enoshima from Zushi Beach (2021 June 5th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む (拡大)/ Enoshima from Zushi Beach (2021 June 5th)

この日のインストラクターUMさん、座った状態から波に乗って、乗るとすくっと立ち上がって、流れるように乗りこなしていて、こんなに簡単に乗れるの??とちょっとびっくりしました。

このレールを入れることが、どうもなかなかうまく行かず、逆側(波と反対側)のノーズが刺さって躓いてしまうので、UMさんに、「レール入れたいのですが、逆側が入って駄目なんですよ」と言うと、「もっとスタンス(横幅)を広く取った方が良いよ」と言われました、今まで、ボードのセンターライン上で前後の足を置いていたのですが、レール入れる側のボードのエッジ近くに前方の足(レギュラー:左足、グーフィー:右足)を置くようにした方がレールが入りやすいと教えてくれました。逆側に曲がりたいときは、前方の足の位置を、曲がりたいレール側にスイッチするそうです。

なるほど、やってみると、左右のバランスが安定してつんのめることもなく、堪えられるような感覚になり、何回か斜めに走らせることが出来ました。また、パドルも波面に当てる感じで、その反力で体を少し支える雰囲気が味わえることが出来、少し進歩した気がします。今後、反復練習です。まだ、ターンを逆に切り替えることはやっていないので、チャンスがあればやってみたいと思います。

[2021/6/6更新]上記に記載しているUMさんの指導内容に私の勘違いがあることが知り合いの方からの指摘で分かりました。2点訂正です。1)記載の内容ではスタンスを広く取るのは幅方向のみと読み取れるようですが、前後のスタンスも広くとる必要があります。これは私が省いた内容です。2)レールを入れる側のエッジに置く足は、後ろ側の足でした。全く反対の記載をしていました。私も次回から正しい足位置で精進いたします(汗)。

波乗りをしていると、近くのお店から、サザンオールスターズ曲が生ボーカル付き演奏が聞こえて、夏気分を盛り上げてくれました。ボーカルは桑田佳祐の真似をしているのか、良い感じでした。時々口ずさんだりして。

洋上では、曇りだったので、ラッシュガードのスリーブ部が結構寒く、また、何回も波乗りしたこと、うねりが大きく膝を使って対処していたので、最後には、膝の疲労がMAXになってしまいました。

波のサイズは、腰付近かな、超ロングライドは5本、ロングライドは斜めに走らせることも含めて10本くらい、ショートは7~8本くらい(ワイプアウトも含め)。

帰路は、相変わらずわちゃわちゃの海面を漕ぎ漕ぎしていると、UMさんが、「サーフスタンスで漕いだら」といういうので、わちゃわちゃの上をサーフスタンスで漕ぎ漕ぎ始めました。最初、2回バランスを崩して沈しましたが、その後は、安定して漕げるようになってきました。いつもKBさん言われるように、視線を高く、頭の位置を下げず、海に挿したパドルでバランスを取りながら、バランス崩しそうになったら姿勢を低くして堪えたり、膝が疲れていましたが貴重な練習なので気合で乗り切りました。

ビーチ付近で、ピボットターンを試みてみました。初め2回はまあまあでしたが、やはり抑えが効かなく落水を2,3回繰り返したので本日終了。

KBさんから「うねりすごかったでしょ」と笑いながら言われ、「確かにすごかったですが、楽しかったですよ」と回答、「たまにはこういうコンディションで練習だね」と言われ、さよならを。

今週は、色々仕事で、もやもやしていたのでストレス発散は出来ました。抱え過ぎた仕事、来週うまく処理していかなくては。。。。Fight!

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

今日SUP前に、マツモトキヨシで、日焼け止めミルク「SURFUER’S」購入。2300円。海にも優しいノンケミカル処方。こういうことも考えなきゃねと思って。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です