SUP(80回目)/ Standup Paddle Surfing


ワクチン接種直前に、しっかりSUPサーフィン楽しみました。腿~腹サイズ、ロングライド10本以上乗った気がします。

東京2020オリンピックも大詰めになってきました。スケートボード、ソフトボール、体操、卓球男女、レスリングなどメダルラッシュで期待以上に楽しませてもらっています。サッカーメダル残念。野球はどうなるかな?

とにかく開催して良かった。一方、人流が抑えられずコロナの感染は拡大の一途。

私もコロナワクチンの一回目をようやく本日午後に接種。明日以降の3連休でSUPは避けたほうが良いかな、と思い、会社休暇で午前中SUPスクールに行きました。

この日の10時時点の天候は、雲多めの晴れ、南風1m/s、気温29度、うねり0.6m台風10号の影響のうねりが入っているようです。富士山は、山頂だけちょっと顔を出している感じでした。ちょうど9時10時が干潮で潮が引き、うねりがビーチにも入って来ていました。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む /  Enoshima from Zushi Beach (2021 Aug 6th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む / Enoshima from Zushi Beach (2021 Aug 6th)

神奈川県も緊急事態宣言に入り、海水浴場は閉鎖されましたが、海の家は撤去を求められているようですが、なかなかすんなりとはいかないようです。昨年は閉鎖で、今年も閉鎖の可能性は高かったにも関わらずオープンされたため建ててしまった海の家はなかなか撤去したくない気持ちはわかります。

この日は、クラゲに刺された話があったのと、干潮ということで、暑いのは承知で、ロングジョンの下だけ着て、上はラッシュガードとインパクトジャケット。もちろん、ハットとサングラス、日焼け止めクリームたっぷり塗っての洋上です。

スクール前に、NMさんとちょっと会話をしてビーチへ。体験者が8人くらいとNMさんくらいで、流石平日少人数で生徒としてはラッキーです。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) /  Enoshima from Zushi Beach (2021 Aug 6th)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) / Enoshima from Zushi Beach (2021 Aug 6th)

海上は、それほどうねりは無くのんびりと目的の場所へ。水分補給しながらぼーっと。波がそこそこ出ていたので、サーファーも8名くらい居ました。なかなかインストラクターのKTさんが来ないので、波に乗ることに。サーファーの邪魔はできないので、彼らの島から離れたところで、2本乗りましたが、やはりいい波は来ないので、ロングライドとはいかない感じ。しかし、10分くらい経つと、私のところに波が来始めたので、乗ろうかなと思ったら、サーファーもこちらに移動して来て、ん~、集団には勝てないなということで、1本乗って様子見

その内、KTさん、NMさんもやって来て、NMさんから「今日、サーファーが多いからもっとインサイドでやった方がいい」とアドバイスをもらい、インサイドに移動。

そこは、波は高くはないですが、腿~腰、セットで入ると腹の高さ。練習にはちょうど良いレベルです。

初めの内は、成功率7割くらいでしたが、後半は、乗り切れない波が2,3本ありましたが、それ以外は全てワイプアウトもなく乗ることが出来ました。前半は、セットの波にやられました。棚に来た波が急激にホレた波になるので、なかなか対処が出来ず、ノーズが刺さりワイプアウト数回。これが攻略できないと安定には程遠いです。本当にホレた波は難しいな~。

逗子海岸 / Zushi Beach (2021 Aug 6th)
逗子海岸 / Zushi Beach (2021 Aug 6th)

この日は、乗れるとバックサイドにボードを走らせることをひたすら試みました。それなりにうまく行っているように思っていたところに、KTさんが、「きれいにレールが入っていましたね」と褒めてくれましたので、こういう感じで良いのだと思え、良かったです。ただ、私と違って、うまい人を見ると、ボードを横に走らせるのにパドルを時々しか使っていないので、いつも波に当て続けているのは良くないことだなということで、スクール後に、KTさんに聞くと、「波に乗る際に、波に対して初めからボード少し斜めにし、そこから、パドルで簡単に向きを決めるだけで良い」ということでしたので、次回から、それを試みようと思います。

まあとにかくこの日は、サーファーの集団から離れた所では。SUPの人が3,4名と自分たち4名なので、セットの波に拘らなければ休むことなく乗り続けることが出来ました

波乗りの本数としては、15本以上は乗れた気がします。ロングライドも10本以上(インサイドだったので超ロングライドは無し)、ボードを横に走らせたので、ロングライドの割には長く乗れた気もします。

課題は、大きめのホレた波と、プルアウトがうまくできない(しゃがんでしまう)ので、格好よくボードのテールを落とし、ピボットターンが出来ることかな。夏の間に、この辺が出来ると、秋冬で波のパワーがあるときにもっと楽しめると思います。

スクールの仲間で、SUPは4回目という方が居ました。

座って波乗りに挑戦し、何回か波に乗れていました。「波乗れていましたね」と声掛けをしたりしましたが、終わりごろ「もっと簡単に立てるのかと思っていました」と。また、波にも結構揉まれていた光景がありました。

私にとっては自分自身が始めた頃を見ているようで、非常に新鮮な気持ちになりました。何度立っても、気づいたら海の中に放り込まれ、また波乗りも、座ったままから、座って乗って立つ、ここから立ったまま乗るというのが難しかった。待っている間に、海の中に落ちる。今でもありますが。。。。

更衣室で、「どのくらい回数されていますか?」と聞かれたので、「私の歳で、80回でこのくらいです。あなたはもっと若いから40回くらいすれば、もしかしたら同じくらいになるかも。ただ、スクールで週1回、2回くらいしないと前回の感覚を忘れてしまうんですよ。私も初めは、月1回、3週間に1回だったので、なかなか上達しなかったんですよ」と話したら、「そんなにしなくては駄目なんだ、40回か~あと30数回ですね」と。ぜひ頑張ってほしいなと。

スクールを出て、コロナワクチン接種の病院に向けて自転車を走らせました。長い登り坂道では、SUPで足が疲れ切っていたので、押して上がり30分掛け現地に。その近辺で定食を食べ、無事接種しました。接種自体は2~3秒、体調確認時間15分。次回2回目の接種予約して帰路につきました。

初めの4,5時間は、接種箇所を触ると痛い程度でしたが、接種して9時間経過した今は、触らなくても腕を動かすと少し鈍い痛みがある程度です。明日どうなっているかな。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(サップ)スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その3)

SUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介

Foilと一緒に使って、空舞い上がるのに使っているね。空飛べると気持ちいいだろうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です