SUP(117回目)/ Standup Paddle Surfing


夏日快晴。肩サイズの波に、初めて8’10”ボードでトライ!波に揉まれまくったけど、4本最高の超ロングライド。あの高さとパワーを乗りこなした醍醐味は最高でした!

久しぶりに平日の午前中にMtgが入らなかったので、SUPスクールです。昨日までは、テレワークながら夜遅くまでやることがあって目途がついたのも理由です。

更に、Appによると、コンディションも最高のようなのでこれをみすみす逃す訳にもいかないでしょう。

逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 April 22nd)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 April 22nd)

昨晩は豪雨から一転、夏日快晴10時時点で、気温20度、南風3m/s、最大5m/s、うねり南1.2m、気温も高く、移動の自転車でも心地よい風が体いっぱいにあたり、最高の気分でした。風も穏やかで、うねりも十分、スクール前のビーチ確認でも沖のポイントは、白波が立ちまくって、SUPやサーフィンをやっている人影がまあまあ見えていました。潮もこれから2時頃に向けて引いてくるのでコンディションは上向きです。富士山も中腹から山頂にかけて澄んだ空にくっきりです。

この日の午前中は、体験者はいなく、メンバー10数名。初めはビーチでやりましょうと言われていましたが、ショアブレイクで危ないので、方針転換で、近場の沖のポイントに移動。途中、大きなうねりでふわふわと漂う感じもあり、バランスを取るのが時々難しい状況でした。1回落ちちゃった。。。

その後、インストラクターKBさんの指示があるまで、目的のポイントで、座ってプカプカと。指示が入り、スクールメンバーのみ7~8名で、波乗りです。ローカルの方がこのポイントには一人もいなかったので、心置きなく遊べます。ラッキー!

逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 April 22nd)
逗子海岸 東浜から江ノ島望む(拡大) / Enoshima and Mt.Fuji from Zushi Beach (2022 April 22nd)

うねりが1.2mあるように、ポイントでは、胸サイズくらいの波になります。

短いボード8’10″になって、初めてのこういう大きく勢いのある波です。心配な気持ちもありますが、ワクワク感もあり、半々というところでしょうか。

これだけうねりが大きいと、この8’10″で、波乗りまでの待ちで立つ体勢を保持するのはなかなかに難しく、予想通り、落ちまくりました。一瞬、このままでいくと全く乗れないのではないか ということも頭によぎったりしました。

また、乗るポイントを間違えて、波の揉まれて抜け出せなくなったり、波でボードが宙に舞ってひっくり返ったりも数回、板に乗ったら、そのまま波に運ばれて振出しの戻ったり(涙)と、そんなこんなで、体力が失われていくのが良く分かってきました。

それでもこの8’10″ボードで、この波に乗りたいという強い思いで、波待ちでは、姿勢(重心)を低く中腰で耐えて堪えてで、波に合わせる。波に乗った瞬間、チョー最高です。2階から海面を見下ろすあの感覚、そこから一気に波のボトムに降下していき、そこでのバランス取りがなかなかに難しい、そこから波に押されて、ぐいぐい加速し、体がおいて行かれないように、姿勢を低くして堪え、バックサイドにレールを入れて、プルアウトしていく。一本成功すると、やはり波待ちの沈は避けられないが、この沖の波では、合計4本のみでしたが、超ロングライドを満喫しましたフロントサイドに1本流し、バックサイドに3本

逗子海岸 / Zushi Beach (2022 April 22nd)
逗子海岸 / Zushi Beach (2022 April 22nd)

しかし最高の波を2本、ワイプアウト(乗る直前に落ちてしまい波に巻かれた)して、KBさんに怒られました(汗)。「あれ乗れなかったら、それまで苦労して待っていたものがパーじゃない」と。激なのかもしれない。1本目が乗れた時には、「良い感じで乗れたじゃない」とお褒めの言葉もあり、乗った4本は、自分でも非常に良い感じで乗れ、波乗りの醍醐味を改めて感じ気持ち良かったので、この日、来てよかったと心の底から思いました。

もう結構、体力というか、下半身が疲れ切ったところでKBさんならびに他の方々もビーチに移動されたので、ちょっと遅れて追いかけると、潮が引いてきたため西浜のビーチもちょっと遊べる感じになっていました。そこは、セットで膝くらいなので、先ほどの胸レベルとは全然違いますが、軽く乗るにはちょうど良い感じ。と言っても、波越しで何回も沈してしまいました。サーフスタンスで、向かってくる波を越える練習や、バックサイドの練習をちょっとやってみたり。

逗子海岸 東浜川砂をビーチへ/ Zushi Beach (2022 April 22nd)
逗子海岸 東浜川砂をビーチへ/ Zushi Beach (2022 April 22nd)

一緒に波乗りしていたメンバー2人から、「見るたびに上手になりますね、恐れず波に立ち向かっていってますよね」「無茶苦茶うまくなっているじゃないですか」とヨイショも頂き、「いやー、結構落ちましたよ」「波に乗れたら結構いい感じでした、楽しかった」と。

12時になりそうだったので、西端からほぼ東端に向かって移動。途中、セットで、腹サイズの波が2本入ってきたので、思わず乗ってしまいました。これでも十分楽しい。ビーチは、波が荒れずにきれいに入っていたので、非常に乗りやすいコンディションでした。これなら、ここまで下半身が疲れる前にもっと早めにビーチに戻ってくるのも良かったかも。

結局、胸サイズの超ロングライド4本。腹サイズのロングライド2本。膝サイズのロングライド4本でした。いやー落ちるのは辛いけど(もう寒くないけど)こういう波にいつも出会えたら、最高だな~(嬉)。

初回~最新のSUPスクールで実際に私が学んだ内容をまとめています。ご参考になれば幸いです。

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その1)

SUP スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その2)

SUP(サップ)スクールで学んだ初心者からの上達ノウハウ(その3)

サーファーあこがれの地、逗子でのSUP(Standup Paddle)スクール日記

■商品紹介










この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。